Live to die_front

Live to die back

 

科学はいろんな分野で発展し、宇宙を探検するまでに至っています。しかし、死をテーマとする探検は大きく遅れをとっています。死を主題とする死の現象や死後何が起こるかについて研究してきた医者、学者や哲学者は殆どいません。

科学者は、人体やその地球上での短命について、原子について、自然界の激変などについては世に対して細かに説明しています。 しかし、すべての人に必ず訪れる死と呼ばれる恐るべき終焉については、殆ど教えられてはいません。 死については、だれも追求する能力も意欲もないのではないかと思われます。しかしながら、それは、あらゆる人を、学者、科学者たちをも含めて、いやが応でも呑み込んでしまうものです。

痛み、叫び、病気、怪我、恐怖、悲しみ、失意、失望と欠乏などを私たちは経験し、最終的に、私たちは死そのものによって飲み込まれてしまうのです。そして、二度と生けるものの地へと戻ることは出来ません。 人が母親の胎を離れて日の光に触れるや否や、人は死と契約を結ぶかのようです。

人が死を好むか好まないかには関係ありません。聖書は言います。「すなわち、すべての人は罪を犯したため、神の栄光を受けられなくなっており」、「罪の支払う報酬は死である。」(ロマ3: 23、6:23)。 「そして、一度だけ死ぬことと、死んだ後さばきを受けることとが、人間に定まっている」(ヘブル9:27) 私たちはみな確実に死にます。 そして、もし、私たちが、この人生において、神から切り離されているならば、ずっと、永久に、神から切り離されることになるのです。 私たちは、永久に命の賜物、愛や喜びや美しさ、真実、平和、幸福などを失って、苦悩、暗黒、孤独、恥、後悔を伴う死の苦痛を永久に苦しまなければなりません。
一人の人物、私たちの救い主イエス・キリストだけが死の奥義の鍵を開いて、人類に命と不死をもたらす「新しい生ける道」を明らかにして下さいました。「キリストは死を滅ぼし、福音によっていのちと不死とを明らかに示されたのである。」(2テモテ1:10) 歴史は彼を中心として廻っています。そして、彼のこの世への誕生によって、歴史はBC(紀元前)とAD(西暦)に区分されたのでした。

そして、彼が私たちの罪のために死んで葬られ、罪と死と地獄と墓に勝利を収めた神のパワーによってよみがえられたので、命と死も彼を中心に展開しています。 大勢の弟子たちが彼の復活の目撃者です。そして、世界中の何百万もの人々が、今日、彼が本当に生きておられることを証言しています。 「わたしは死んだことはあるが、見よ、世々限りなく生きている者である。そして、死と黄泉とのかぎを持っている。」(黙示録1: 18)

 

イエス様は十字架上の死にいたるまで、ご自分を低くされました。 彼はひとりひとりのために死を味わう必要がありました。「それは、死の力を持つ者、すなわち悪魔を、ご自分の死によって滅ぼし、死の恐怖のために一生涯、奴隷となっていた者たちを、解き放つためである。」(ヘブル2:9、14、15)

イエス様は地上の生涯において、命と死と不死について強く教えられました。 彼は、治る見込みのない病人を癒したり、死人を生かして起き上がらせたり、盲人を見えるようにし、耳の聞こえない人を聞こえるようにし、体の不自由な人を歩かせることによって、ご自身が復活であり、命であることを明らかにされました。

彼は、神に絶対的な信頼を置く命を教えられました。そして、彼の助けを求める人々の物質的な必要を、奇跡的に満たして下さいました。 彼が死後の命について教えられたのは間違いありません。 彼は、十字架上で、喜んで私たちの罪を担い、私たちの刑罰を受けて下さったのです。 それから、イエス様は勝利の復活をされました。 それは、私たちが彼を信じて、彼が道であり真理であり命であることを知るためでした。

道 — イエス様は、生ける道として、あなたを父なる神へともたらして下さいます。そして、彼は、あなたを、あらゆる試みに対する勝利者として、死に直面しても恐れることなく、永遠の命の全き確信を持つ者として下さいます。
真理 — イエス様はあなたの魂が知りたいと切望する真理です。彼はあなたを罪と恐れから解放して下さる方です。
命 — イエス様は臨床死が終わらせることのできない永遠の命です。それは、不朽不滅の身体を着る筈の命です。
間もなく、気味の悪い死の使いが、事故や病気あるいは老年などによって、あなたの魂を要求することでしょう。 あなたが永遠の死の中で永久に失われる前に、イエス・キリストがあなたにとって極めて重要であることを考えてください。 彼は言われました。「わたしはよみがえりであり、命である。わたしを信じる者は、たとい死んでも生きる。」(ヨハネ11:25) イエス・キリストに信頼して、あなたの罪を悔い改めてください。そして、あなたの救い主として彼を受け入れて下さい。 キリストを死人の中からよみがえらせた神聖な霊があなたを満たしますから、死は、あなたの上に全く力を持ちません。

来て、聴いて、学んでください。 真理は罪と死からあなたを自由にします。 復活であり命であるイエス・キリストが、あなたをこれへと招いておられます。

祈り: 「主イエス様、私が一つだけの命を持っていて、それがやがて過ぎ去ることが分かりました。 私は罪人であることが分かりました。 私のすべての財産も、すべての友人も、私を救うことはできません。 私は悔い砕かれた心をもってあなたのところに来ます。 私はすべての罪を悔い改めます。 どうか、私を赦して、私を洗ってください。 私をあなたにお会いできるように整えて下さい。 アーメン。」

 

詳しい情報に関しては、以下に連絡してください。 contact@sweethourofprayer.net

You can find equivalent English tract @

Live to die no live forever